2017年12月30日

自営業者やデイトレーダーには朗報 サラリーマンの給与所得控除を縮小し基礎控除を拡大へ

1: 名無し募集中。。。 2017/11/15(水) 12:48:18.59 0.net

会社員には現在、スーツ代などを会社勤めに必要な「経費」とみなし、
所得税の課税対象から差し引く「給与所得控除」という減税措置がある。
控除額は収入に応じて65万円から段階的に増え、年収1千万円以上の220万円が上限だ。

 財務省が党税調幹部らに示した見直し案によると、この控除額を収入にかかわらず一律に減らし、220万円の上限も下げる。

一方、会社に所属するしないにかかわらず、所得税の納税者全員が受ける「基礎控除」は現在の38万円から引き上げる。

 実現すると、基礎控除しか受けられない納税者は減税になる。中・低収入の会社員は、
給与所得控除の縮小分と基礎控除の引き上げ分が同じになるようにして、
増税にならないようにしたい考え。結果、高収入の会社員が増税になる。


http://www.asahi.com/articles/ASKCF5HLWKCFULFA017.html


2: 名無し募集中。。。 2017/11/15(水) 12:50:40.51 0.net

さすが金持ち優遇


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1510717698/
posted by まだおっち at 10:00 | Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: